ソファでくつろぐおしゃれキャンプ! 座り心地抜群のオススメ3選です

スポンサーリンク

ソファはグランピングだけのものじゃありません

普通キャンプでもソファは徐々に定番アイテム化してきています

ここで言うソファは折りたたみ式の二人がけのベンチじゃなくて、クッションの効いたいわゆるソファです

ソファを外に持ち出すなんて大変では?と言うのは過去の話

ソファは自由に持ち出せるしいつでもどこでもエンジョイできます

  • 恋人や夫婦で仲良く
  • 親子水入らず
  • 一人でゆったり
  • 愛犬とまったり

キャンプでそんな時間を過ごしたいならぜひソファを検討してみてください

数あるキャンプソファの中で、作りがしっかりしていて、デザインが良くおしゃれなものにこだわると答えは絞られます

おしゃれキャンプにベストマッチなソファのオススメ3選

さっそく見ていきましょう

最後に面白ソファもありますのでお楽しみに!

スポンサーリンク

おすすめ3選

snowpeak ラックソットシリーズ

まずは定番アイテム

snowpeakラックソットシリーズです


photo by snowpeak


このシステムはベースユニットと背もたれ、クッションの組み合わせでできていて、

  • 二人がけソファ
  • 一人がけソファ+テーブル
  • コット
  • ラック

の4種類に変化する優れものです

その分重量がある(17.5kg)のとかなりお高い(税込75,384円)のが難点ですが、ソファのクッションはしっかりしてますし、シーンに合わせて色々な使い方のバリエーションがあるので、かなり重宝しそうなアイテムです

これはソファとしての使い方

ロースタイルにマッチした快適そうなソファです



photo by snowpeak

次の写真はコットとして使っているところです

約200cm x 75cmのサイズですから一人分としては十分なサイズです


photo by snowpeak

これが一人用ソファ(中央にある天板は別売りです)


photo by snowpeak

最後がラック

キャンプの時はソファやコットとして使い、家ではラックとしてキャンプ道具の収納に使うと良いかもしれませんね


photo by snowpeak

各パーツは個別に購入できますが、全てが一緒になった「ラックソット マルチスターターセット」がおすすめです

セット内容 ベースユニット×3、背もたれ×2、クッション×4
材質 ベースユニット/ポリプロピレン・ABS・アルミニウム合金
背もたれ/ポリエステル帆布・アルミニウム合金
合板・ポリエチレン・ポリアセタール
クッション/ポリエステル(表地)・ナイロン・ウレタンフォーム(中綿)
サイズ ベースユニット/750×500×45(h)mm(収納時/一個あたり)
背もたれ/600×250×35(h)mm(収納時/一個あたり)
クッション/500×750×70(h)mm(一個あたり)
重量 ベースユニット/3.5kg×3
背もたれ/1kg×2
クッション/1.1kg×4
総重量:17kg

 

DOD グッドラックソファ

オススメその2はDODグッドラックソファです

ベースは普通の二人がけのベンチなんですが、ふかふかクッションカバーを後付けで装着できることが特徴です


photo by DOD

他にもDODさんらしいポイントがたくさん

  • 片手で運べる重さ(約6.5㎏)
  • クッションシートは丸洗いオーケー
  • ワンタッチ開閉

などなど


photo by  DOD

さらに気になるのが車のラゲッジスペースでラックとして使うやり方

車に設置して、便利で「グッドなラックになるソファ=グッドラックソファ」っていうDODの主張です(笑)

ネーミングはさておき、この使い方は結構便利ですね

年々増えていくキャンプ道具をどうやってラゲッジスペースにパッキングするかは結構頭の痛い話

こういった工夫は有力な解決策の一つです

もちろん、グッドラックとして使わなくても、畳んでしまえばコンパクト

こんな感じでスペースはあまり取りません


photo by DOD

ただし、ラゲッジスペースの横幅との関係はもちろん要確認です

グッドラックソファの幅が1000mmですからそれ以上は必要で、積み方によっては写真のように奥に置けず手前になってしまうこともありますから、できればタイヤハウスの間が1000mm以上あると安心です


photo by DOD

カラー カーキ/ベージュ
希望小売価格 オープンプライス
サイズ (約)W1000×D500×H740mm
収納サイズ (約)W1000×D130×H670mm
重量(付属品含む) (約)5.65kg
静止耐荷重 160kg
材質 アルミ合金、ポリエステル、木

 

 

DOD ワンハンドキャリーソファ

DODからはもう一つオススメ品です

名前はワンハンドキャリーソファ


photo by DOD

名前の通り片手で運べる重さとサイズ感が嬉しいところですが、基本スペックはグッドラックソファとあまり変わりはありません

  • 片手で運べる重さ(約6.5㎏)
  • クッションシートは丸洗いオーケー
  • ワンタッチ開閉

ワンハンドキャリーソファの最大の特徴は座面のクッションがインフレータブルマットになっていること!

これによって座ったときのふわふわ感がかなりアップしています


photo by DOD

しかもこのマット、取り出せばいわゆる普通のインフレータブルマットですから、就寝用のマットなど使い方は自由です(寝るにはちょっと小さいですね・・・)


photo by DOD

カラー ネイビー/グレー
希望小売価格 オープンプライス
サイズ 本体:(約)幅1130 × 奥行き540 × 高さ830 mm ※最長部分
エアマット:(約)幅940 × 奥行き430 × 厚さ30 mm ※スポンジ部分
収納サイズ (約)幅1130 × 奥行き130 × 高さ780 mm
重量(付属品含む) (約)6.5kg
静止耐荷重 160kg
材質 アルミ合金、ポリエステル、木

 

 

グッドラックソファとワンハンドキャリーソファはよく似た製品ですが、最大のポイントは先に説明したソファとしてのクッション性

ワンハンドキャリーソファの方が若干大きいですが(ワンハンド:約1130mm、グッドラック:約1000mm)、それがOKならワンハンドキャリーソファがオススメです

スポンサーリンク

番外編

ここからは番外編です

ソファというよりベンチと呼んだ方が良いものをいくつか紹介します

Peregrine Furniture Ecdysis Bench

次に紹介したいのはペレグリンファニチャーエクディシスベンチシリーズ(Ecdysis Bench、Grand Ecdysis Bench)です

Ecdysis Bench


photo by peregrine furniture


 

Grand Ecdysis Bench


photo by peregrine furniture

クッションがないのでソファじゃなくてベンチになりますが、カラバリが豊富なこと、作りがしっかりしてること、肘掛けに嬉しいカップホルダーがあること、軽いこと、そのあたりが秀逸なのでぜひ候補の一つには入れて頂きたい逸品です

クッションがないことも手伝って重さはたったの4.5㎏

もちろんワンハンドキャリーレベルです

また、うれしいのがカラバリの豊富さ

一回り大きめのちょっとしっかりした「Grand Ecdsys Bench」と併せると全部で15種類もあり、Ecdsys Bench であればクロスの張替えキットがありますので、汚れてしまった、ちょっとデザインに飽きてきたなという時にリフレッシュして使い続けられます(クロス張替えキットを用いた張替え作業は自己責任の範疇となります)

Ecdysis Bench Grand Ecdysis Bench
設置時サイズ 幅110×奥行56×高さ66.5cm
座面高さ約32cm
座面有効幅約93cm
幅119×奥行55×高さ74cm
座面高さ約37cm
座面有効幅約100cm
収納サイズ 幅110×64×厚さ8.5cm 幅119×70×厚さ10cm
重量 約4.5kg 約5.5kg
耐荷重 約140kg(片側75kg) 約140kg(片側75kg)
材質 パイプ:アルミ
座面:ポリエステル100%
アームレスト:圧縮杉、タモ(ホワイトアッシュ)
座面:ポリエステル100%
アームレスト:圧縮杉
カラバリ Plain Croth:サンドページュ、ブルー、オリーブグリーン、アイボリー、ブラック、バーガンディ、ネイビー
Pattern Cloth:ダックハンターカモ、タイガーカモ、リアルツリーカモ、
Plain Cloth:ベージュ、カーキグリーン
Pattern Cloth:ダックハンターカモ、リアルツリーカモ、マルチカム

 

 

デザインソファ Foresta

次はもう少し路線の違う番外編です

テント&ソファのキーワードでアンテナに引っかかった素敵なソファ

アウトドアキャンプ用のソファではありませんが、インドアキャンプならコレが良いかも


photo by roomie

これは日本人のデザイナー「安達さくら」さんの「Foresta」と言うデザインソファ

こんな感じでソファとしても使えますし


photo by roomie

こんな風にテントにもなるアイデアです


photo by roomie

真っ白なデザインがとても綺麗でなので、ちょっとキャンプには持ち出せませんね

でもベランピングには良いかも

ちなみにこのソファはイタリアの家具メーカーCampeggiから発売中

日本の代理店(Time and style)への問い合わせはこちら ⇒ Time and styleへ問い合わせ

EASTPAK Backpack Sofa

最後は個人的に琴線に触れてしまった赤いソファです


photo by sumally

日本でもお馴染みのバックパックのブランドEASTPAKとイタリアの家具デザイン会社Quinze & Milanのコラボレーション作品Backpack Sofaです

バックパックをモチーフにしたソファなので収納力はバツグン

一度ソファに座ったら動きたくないと言う人にはもってこいです

実はたたむとこんな感じに小さくなるので意外とキャンプにも使えるのかなと思ってます、でもお値段がお高め(>_<)


photo by sumally

それでもゲットしたいという方はぜひ販売サイトを覗いてみてください ⇒ Backpack Sofa販売サイト

スポンサーリンク

まとめ

以上、キャンプで使えるソファを中心に、いろいろなソファをレビューしました

こうして調べてみると、実用をきちんと考えたソファならキャンプで十分使えるレベルだとわかります

一つあるとキャンプサイトの快適さが抜群にアップする便利な楽しいアイテムなので、まだ車の積載量に余裕があるよというキャンパーさんは検討してみると良いかもしれません

スポンサーリンク



めざせ!
おしゃれキャンプ
失敗したら
売れば良いんです

たくさんのキャンプギアを使ってこそ、自分スタイルのギアが見えてきます 失敗を恐れずトライするには買い取りサービスは必須 安心の高額買い取りならココがイチオシです!






おしゃれキャンプギアの宝箱
アウトドアギアのセレクトショップ
A&Fでキャンプギア探し!

我が家ではネットショップも実店舗もお世話になっているA&F 大手キャンプ用品メーカーにはないおしゃれなキャンプギアの宝庫です みているだけでも楽しいんです!!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です