おしゃれキャンパー&ファミリーキャンパーさん必見!キャンプを楽しく快適にするおすすめエアベッド9選

スポンサーリンク

キャンプを快適に過ごす最大のポイントの一つがマットベッドの快適性です

調べてみると「マット・ベッドには金を惜しむな」と、いろいろなところに書いてあります

確かに快適じゃないマット・ベッドで寝る辛さはハンパなく、せっかくの楽しいキャンプが台無しになってしまいます

とは言え性能を追い求めれば価格も跳ね上がってしまうもの

特にファミリーキャンプともなると人数分のセットが必要ですから出費がかさみます・・・

そんな悩みを解決するのが、広げるとビッグでもたたむとスモール、寝心地の良さはマックスだけどお値段はミニマム、そんな夢のキャンプベッド 「エアベッド」です

実はこのエアベッド、目指せInstagramなおしゃれキャンパー指向のあなたにも超絶おすすめなんです

おしゃれキャンプならエアベッド!

その理由を明らかにしていきます

スポンサーリンク

エアベッドのオススメ理由

まずは一般的なメリット・デメリット

まずはエアベッドの一般的なメリット・デメリットをおさらいしてみましょう

主なメリットをあげると次の4つです

  1. ビッグサイズでも安い
  2. 寝心地はバツグン!硬さも調節できる
  3. 地面の冷気が遮断されて暖かく寝られる
  4. エアを抜いてたたむと小さくかさばらない

例えば寝心地が良いと評判のインフレータブルマットや軽量・コンパクトで人気のコットだと、1人分で数万円レベル

一方エアベッドはダブルのビッグサイズでも1万円前後と価格差は歴然です

しかもエアベッドの寝心地はバツグン

ゴツゴツして背中が痛いと言うことはあり得ません

空気を入れすぎると反発が強すぎて寝心地が悪くなりますが、そこはエアベッドですから、自分で自由に調節できます

さらにエアベッドは断熱性もバツグン

分厚い空気の層が地面の冷気を遮断するので、寒い時期のキャンプでも快眠間違いナシです

最後が収納

これも言うまでもないですが、エアを抜いてクルクルたためば収納サイズはコンパクト

ちょっと手間はかかりますが、慣れれば苦にはなりません

ちなみに膨らますときは電動ポンプがないと辛いです

良いことづくめのエアベッドですが、最大のデメリットがこれ

壊れる(破れる)と使えない・・・

万が一穴が空いてしまったら当然空気は抜けてしまいます

リペアキットで応急処置できればいいですが、そうでなければせっかくのキャンプが台無し

正直、このリスクは覚悟が必要です

スポンサーリンク

真のメリットはこれ!

以上は良くあるメリットデメリットですが、エアベッドの魅力はまだまだあります

特にファミリーキャンパーおしゃれキャンパーさんに注目して欲しいポイントです

子供が遊べる

これは我が家の実体験に基づくちょっとリスキーな使い方なんですが、テントの中にエアベッドがあると、子供は確実に喜びます

そして確実に飛び跳ねて遊びます(笑)

どこか穴が空きやしないかとハラハラですが、しっかりしたできの製品を選んでキチンとリペアキットも持っていけば過度に心配することもありません

しかもキャンプじゃなくて家に友達が遊びに来た時などにも大活躍

その意味では子供じゃなくても急なお泊まり客の簡易ベッドとして十分役に立ちますね

背の高いラインアップがある

おしゃれキャンパーさんにオススメ理由がこれ

まずはこの写真を見てください


photo by camphack-nap

おしゃれな雰囲気のコーディネートですが、注目して欲しいのは左のベッドの高さ(厚み)です

エアベッドによってはこのように背の高いラインアップがあるものがあって、お気に入りのシーツやブランケットで飾れば、まるで自分の部屋のベッドのようなゴージャス感が味わえます

この背の高さはインフレータブルマットでは実現できないエアベッドのメリットと言えるでしょう

もちろん低いエアベッドもこんな感じでおしゃれにコーディネートできます

そうです!

おしゃれキャンパー志向のあなたにエアベッドをおすすめする理由はコレ

普通のマットレスと同じようなサイズなので、世の中のおしゃれボックスシーツが使いたい放題!

エアベッドを使えば、おしゃれレベルの幅がぐんと広がります

マットレスサイズとボックスシーツサイズ

エアベッドの大きさを決める参考に、マットレスのサイズとボックスシーツのサイズの関係を整理しておきましょう

実はマットレスサイズにはJIS規格があります

ですが各メーカーで少しずつサイズは違っていて、例えばフランスベッドだと長さが195cm共通で、幅が

タイプ
シングル 97cm
セミダブル 122cm
ダブル 140cm
クイーン 170cm

となっています

次にマットレスの厚さですが、これは千差万別

20cm前後が多いようですが、例えばホテルのベッドなどでよく見られる40cm近いもののあります

これに対してボックスシーツですが、長さと幅はマットレスの幅と±5cmぐらいなら少し違っても問題ないようです

厚さについては、ボックスシーツのマチがそれに相当しますが、だいたい以下のような目安で考えてください

マットの厚さ マチ
9~20cm 25~28cm
9~24cm 30cm
24~34cm 40cm
34~39cm 45cm

スポンサーリンク

エアベッド9選

それではオススメのエアベッド9選を見ていきましょう

Coleman デュラレスト

エアベッドで有名なのがやはりコールマンデュラレストシリーズです

サイズはツイン(98cm x 185cm)、クイーン(148cm x 185cm)の2種類

高さ(厚さ)が通常(21cm)とグランデ(38cm)の2種類あります

表面はベルベット風の加工がしてあって肌触りは悪くありません


photo by Coleman

先ほどのおしゃれキャンパーさんのベッドがこのグランデタイプのデュラレストです

ハイタイプ38cmならソファにもなる高さですし、お気に入りのシーツやブランケットで着飾ればゴージャス感満載のベッドが出来上がりますね

作りもしっかりしていて壊れやすい、破れやすいものではありません

実は我が家のベッドがこのデュラレスト

クイーンとツインを並べて家族3人で使っています

当然ですが、娘はベッドで飛び跳ねています(笑)

かなりの飛び跳ねっぷりですが、壊れる様子もへたる様子もありません

もちろん徐々にエアが抜けてしまうので入れ直しは必要ですが・・・

ちなみに娘がまだママと一緒じゃないと寝られないので、ハイタイプでゴージャス感を出すのはまだ先になりそうです

 

ノースイーグル エアベッド

ノースイーグルのエアベッドはシングルとダブルの2種類

シングルは76cm × 185cm × 22cm、ダブルは137cm x 191cm x 22cmです

配色やサイズ、表面がベルベット風になっているところはColemanのデュラレストによく似ていますが、決定的に違うのが価格

ノースイーグルの格安感は半端ありません

photo by Amazon

ロゴス どこでもオートベッド

ロゴスのエアベッドラインアップは3種類

シングル相当の「どこでもオートベッド100」(98cm ×184cm x 20cm)、ダブル相当の「どこでもオートベッド130」(134cm x 186cm x 21cm)と「楽チンオートキャンプベッド270」(250cm x 200cm x 22cm))の3つです




photo by LOGOS

とくに「楽チンオートキャンプベッド270」は便利な一品

270cm x 270cmのテントって結構たくさんあるのでピッタリサイズになる確率が高いです!

例えば、初心者からベテランまで幅広く人気のあるベストセラーテント「snowpeak アメニティドーム」でいうと、アメニティドームMが幅280cmなのでジャストサイズになります


photo by snowpeak

また10mのシガーソケット電源コードが付属していますので、車につないで電動ポンプで空気を入れることができます

コード長さは10mあるので、オートキャンプ場なら車まで確実に届きそうですね


photo by LOGOS

Captain Stag エアベッド

次はキャプテンスタッグのエアベッドです

ラインアップは、シングル(74cm x 183cm x 20cm)、セミダブル(100cm × 185cm × 20cm)とダブル(132cm × 190cm × 20cm)

 
photo by Captain Stag

エアポンプが付属していますが電動ではなく足踏み式

もちろんその分、お値段はお安くなっています

 

インテックス エアーベッド ツインコンフォート

インデックスは40年以上の歴史を持つエアベッドやプール、スパなどの老舗メーカー

性能と品質にはワールドワイドな信頼があります


photo by Intex

ベッドサイズのバリエーションも豊富ですし、この写真のように内部構造にもこだわりがあって、高耐久性と軽量が売りのエアベッドです

ただ、電動ポンプ内蔵なのは良いのですが、電源がAC 100V・・・

インバーターなどを用意すればもちろんキャンプでも使えますが、その分はひと手間かかります

インデックスのエアベッドラインアップは以下のようになっています

高さ タイプ 長さ
25cm シングル 99cm 191cm
ダブル 137cm 191cm
ワイドダブル 152cm 203cm
33cm シングル 99cm 191cm
ダブル 137cm 191cm
ワイドダブル 152cm 203cm
46cm シングル 99cm 191cm
ワイドダブル 152cm 203cm

 

 

キャンパーズコレクション ポンプインエアベッドハード

次はキャンパーズコレクションのエアベッド

ラインアップはシングル( 74cm x 187cm × 28.5cm)とダブル( 132cm x 189cm × 28.5mm)の2種類

ポンプ内蔵なんですが電動ポンプではなく足踏みポンプです

もちろんその分お求めやすい価格なので、安さにこだわる方には良いと思います



photo by キャンパーズコレクション

テントファクトリー ビルトインエアベッド

次はテントファクトリーのエアベッド

サイズはツイン(99cm x 188cm x 12.7cm)とフルサイズ(137cm x 188cm x 12.7cm)の2種類です

photo by TENT FACTORY

テントファクトリーのエアベッドの優れたところは、電動ポンプで大まかに空気を入れた後、手動ポンプで空気圧の微調整ができること

エアベッドは使っているうちにどうしてもエアが抜けていきますから、入れ直すときにわざわざ電動ポンプを使わなくても良いのはかなり便利です

電動ポンプって結構うるさいので、夜に空気を入れるときにはちょっと気を遣います・・・

詳しい説明はテントファクトリーの動画がわかりやすいです


 

FIELDOOR エアベッド

次はFIELDOORのエアベッドです

特徴はサイズが、シングルサイズ(74cm × 185cm × 23cm)、ツインサイズ(97cm × 185cm × 23cm)、ダブルサイズ(135cm × 185cm × 23cm)、クイーンサイズ(147cm × 198cm × 23cm)の4種類と豊富なこと

そしてカラーバリエーションが、グレー×グリーン、ベージュ×ブラウン、アクア×ブルーの3種類そろっていることです

カラーバリエーションが複数あるエアベッドはこのFIELDOORとTENT FACTORYだけ

テント内のカラーにこだわる方にはオススメですが、ボックスシーツをかぶせてしまうと見えませんね・・・


photo by FIELDOOR

番外編 LayBag

最後が番外編

最近ジワジワとはやっているのがこの「LayBag」です

去年はキャンプ場で2グループぐらいLayBagを持っているキャンパーさんを見かけました


photo by LayBag

簡単に膨らますことができ、アウトドアでのソファベッドのような使い方ができそう

ライトを仕込むとこんなにキレイに演出できます


photo by LayBag

LayBagの膨らまし方はホント簡単です

ご存じない方は、ぜひ動画をご覧くださいね

LayBag – inflatable air-lounge! from Margarete Schlingmeyer on Vimeo

 

まとめ

おしゃれキャンパーさん&ファミリーキャンパーさんにオススメの快眠・快適なエアベッドの選び方についてご紹介しました

エアベッドならではゴージャススタイルはおしゃれキャンプのマストアイテムと言っても良いかもしれません

ファミリーキャンパーのパパ&ママにもエアベッドのコスパは超絶オススメです

キャンプの時ぐらいハメを外して飛び跳ねても許してあげてくださいね。

 

ちなみに

おしゃれキャンプに必須なアイテムと言えば、夜のベッドと昼のソファ!

くつろぎ重視のおしゃれソファについてはこんな記事も参考にして下さい

ソファでくつろぐおしゃれキャンプ! 座り心地抜群のオススメ3選です

2017.04.05

スポンサーリンク



めざせ!
おしゃれキャンプ
失敗したら
売れば良いんです

たくさんのキャンプギアを使ってこそ、自分スタイルのギアが見えてきます 失敗を恐れずトライするには買い取りサービスは必須 安心の高額買い取りならココがイチオシです!






おしゃれキャンプギアの宝箱
アウトドアギアのセレクトショップ
A&Fでキャンプギア探し!

我が家ではネットショップも実店舗もお世話になっているA&F 大手キャンプ用品メーカーにはないおしゃれなキャンプギアの宝庫です みているだけでも楽しいんです!!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です