Mokuneji x Kalitaのコラボレーション! 激おしゃれな手挽きコーヒーミル

スポンサーリンク




いやぁ、失敗です(>_<)

手回しコーヒーミル

こっちにすれば良かった~

と、悔やんでも悔やみきれないホントはあまり見たくない写真がコレ

photo by freedesign

ボディは「Mokuneji」さんと言う木工製品の製作所、ミルの機構部はコーヒー用品で有名な「Kalita」が担当しているコラボプロダクト

「COFFEE MILL MokuNeji × Kalita」です

いかにも持ちやすそうな木製のボディが、僕の目にはかなり魅力的に見えます

手回しのコーヒーミルって、約30グラムのコーヒー豆を挽くのに数十回はハンドルを回します

その時本体が小さいので、結構しっかり押さえていないと上手く回せない

つまりグリップ感がすごく大切なんですよね

Mokunejiさんはそれをちゃんとわかっていてこの形にしたんだと思います

そしてデザインとのバランスが素晴らしい

あ~、やっぱりこっちにしておけば良かった(>_<)

ところであなたはキャンプでコーヒーは飲みますか?家ではどうですか?

僕は家でも外でもコーヒー大好き

日々色研究していますが、その紹介はまた別の機会に(^_^)

とりあえず今日は、コーヒーミルにこだわって厳選したオススメ品をあと3つご紹介します

僕が買ったのはコレです


photo by japan porlex

これもシンプルでデザインは気に入っているのですが、挽くときの持ちやすさがちょっと・・・

でもセラミックス刃なので変な臭いがつかないこと、粒度が調節できること、小さいので持ち運びが便利なこと、などなどとても良い製品です

他に見つけたオシャレなコーヒーミルはこんな感じです

ハリオ セラミックコーヒーミル


photo by Hario

 

 

プジョーノスタルジーブラウン


photo by peugeot-mill

誰もが知っているフランスの自動車メーカー「プジョー」ですが、創業したプジョー家は、もともとは粉挽き業で、以前からから培ってきた金属加工技術を発展させ、1840年にコーヒーミルの製造を始めました

ミシンや紡績機械の製造を経て、1889年に自動車の第一号を完成、その後自動車部門と紡績部門が分かれていったそうです

あの有名なライオンマークは、コーヒーミルやグラインダーの製造初期の1950年、鋭く切れるライオンの歯をイメージしてエンブレムに起用したんだそうです

いろいろ脱線して最後はプジョーの話になりましたが、オシャレなコーヒーミル、ぜひあなたのキャンプに連れて行ってあげてください

コーヒーって不思議なもので、手間をかければかけるほど美味しくなります

僕の気のせいでなければ・・・(笑)

eye catch photo by mokuneji.com

スポンサーリンク





めざせ!

おしゃれキャンプ

失敗したら

売れば良いんです

たくさんのキャンプギアを使ってこそ、自分スタイルのギアが見えてきます 失敗を恐れずトライするには買い取りサービスは必須 安心の高額買い取りならココがイチオシです!





年会費無料!

キャンプギアの購入なら

楽天カードが便利!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です