おしゃれキャンプ収納ならシェルフコンテナ 車載とインテリアにマッチしたのは25でした

スポンサーリンク

おしゃれキャンプ収納で有名なスノーピークのシェルフコンテナ(シェルコン)ですが、サイズを迷っているキャンパーさんは多いですよね

シェルコンを以前ブログで紹介した時は、テーブル流用前提で高さがピッタリ(約30cm)のシェルフコンテナ50がベストサイズって思いました

厳選!見せるおしゃれキャンプ収納ボックス インテリアとしても使えるおすすめ4選

2017.04.01

でも実際に買って車に載せたりインテリアに合わせたりしてみて、実はシェルフコンテナ25の方が使い回しがしやすそうと判明

残るはあと何個買うか・・・という問題です

 

スポンサーリンク

シェルコン25の開封の儀

ついに我が家でもシェルコンを購入

問題のサイズは、いろいろ検討を重ねた結果、シェルコン25にしました

まずは開封の儀です

IMG 4590

開けると説明書

その下に逆さまに入っているのがシェルコン25です

IMG 4593

説明書を読まなくてもなんとなく触っていればわかるので、早速、

コンテナの状態

IMG 4598

そしてシェルフの状態

IMG 4609

のトランスフォームをやってみました

 

シェルコンのトランスフォーム方法

シェルコンのトランスフォーム(コンテナ⇔シェルフ)はとても簡単です

以下の写真の位置にツメがあるときは、レールがスライドするのでシェルコンを閉じたり開いたりできます

IMG 4606

固定するときは下の写真のようにツメを回します

IMG 4605

レールのくぼみにツメを引っかければ固定されます

IMG 4604

 

もちろんスタッキングしてみます

今回は手始めに2個買いました

なので重ねたところもご紹介

まずはコンテナの2個重ねです

IMG 4615

そして次にシェルフの2個重ねです

IMG 4612

最後に、あまり主張していないスノーピークのロゴを確認

IMG 4616

写真だとかなりわかりにくいですね・・・

とは言えこれで、無事に開封の儀は終了です

 

スポンサーリンク

車載するなら

次に車載についていろいろ検討してみました

我が家の車はVOLVOのV70

VOLVOらしくラゲッジスペースは広いですのですが、ラゲッジだけにキャンプギアを全て載せるのはかなり困難・・・

実はこれまでラゲッジスペースだけで頑張ってきたのですが、今年からはTHULEのルーフボックスを載せようと思って準備しています

バーとフットは購入済みなので、あとはボックスを選ぶだけです(購入したらブログにアップします!)

THULEのフット(開封して取り付け待ちです)

ということで、ルーフボックスを活用する場合、逆に後部のラゲッジには主に次のようなものを載せようと思っています

  • クーラーボックス(コールマン スチールベルト)
  • 2バーナー(コールマン 403H)
  • 焚き火台(スノーピーク 焚き火台L)
  • コンテナ
  • テーブル

その上で、うちの奥さんにも心おきなく運転してもらうため、なるべく後方視界は確保したい

この制約の中で、コンテナを何個載せられるかを調べてみました

まずはシンプルにクーラーボックスとシェルコン

IMG 4627

クーラーボックスは荷物を積んでいても開けられるようにいつもこの位置に置いています

その隣にシェルコンを2個並べてこんな感じです

クーラーボックスとシェルコン、シェルコンとシェルコンの間にはともに10センチ弱の隙間があります

シェルコンを2段重ねするとこんな感じ

IMG 4624 IMG 4622

図ったかのごとく、クーラーボックスと高さが揃います

しかも、この写真だとわからないのですが、後部座席のシート高さとほぼ同じ

このぐらいの高さに荷物を抑えれば、後方視界はバッチリです

次に我が家ではコールマンのパーティースタッカー(25QTと33QT)を使っているので、それを載せてみます

パーティースタッカー33Tを並べたとき

IMG 4631

パーティースタッカー25Tの2個重ねを並べたとき

IMG 4635

パーティースタッカーの25T(赤と青)とは同じ2段重ねで揃いますね

パーティースタッカーはフタがついていて便利なのですが、それをシェルコンに置き換えようというのが今回の作戦の趣旨

ということで、いろいろ考えた結果、以下のような配置を基本スタイルにすることにしました

IMG 4640

手前に、クーラーボックス、シェルコン4個(2個追加して、写真のシェルコンを両方とも2段重ね)、焚き火台、奥にコールマンの2バーナー、パーティースタッカー

こうするとクーラーボックスとシェルコン、後部座席シートの高さが全て揃うので、一枚板を敷き、その上にテーブルを置こうかなと画策中

候補筆頭のテーブルはひのきキャンプ用品専門店 196 icon-external-link ウッドテーブルKUROSON370です

Gr084 02

photo by ひのきキャンプ用品専門店 196

以上、シェルコン25の車載レイアウト検討でした

結果、シェルコンはあと2個買おうかなと思っています

 

スポンサーリンク

自宅の収納として

次に、自宅の収納について考えてみました

イメージしたのはこの写真

Gr084 01

photo by snow peak

我が家のインテリアで一番この写真に近いのがこれ

IMG 4671 Fotor

ちょっとエフェクトかけてます・・・

ダイニングの隣の棚なのですが、上の2段は高さが足りずシェルコン25といえども入りません

よって引き続き無印良品のラタンボックスを使います

でも下の段にシェルコン25が2つ重ねてピッタリ入りました

見た目はなかなか良い感じなので、この後は使い勝手などについて家族会議です

承認されれば、あと4個追加ですね

今回はシェルコン25が2段重ねでうまく収まりましたが、シェルコン50だとちょっときつそうです

実はここ以外にもシェルコンを置いてみても良いスペースはいくつかあるのですが、いずれもシェルコン2個重ねでピッタリ

我が家の特徴なのかもしれませんが、シェルコンは25の方が使い勝手良いというか、スペースの無駄がないというか、いろいろなところにフィットしやすい気がしました

 

まとめ

今回、スノーピークのシェルフコンテナを実際に購入して車のラゲッジと自宅の収納スペースに当てはめてみました

結果、やはりシェルコン25が2段でピッタリのスペースが多く、50よりはパッケージしやすいように感じました

もちろん大きいモノを入れたり天板を置いて高さ30センチのテーブルとして使うならシェルコン50がベストですが、その制約がないなら、少し小ぶりで自由度の高いシェルコン25で検討してみることをオススメしたいです

我が家では、いまの計画だとあと6個買うことになるんですが、そこまで買えばシェルコン会に入れてくれるかな?

 

スポンサーリンク



めざせ!
おしゃれキャンプ
失敗したら
売れば良いんです

たくさんのキャンプギアを使ってこそ、自分スタイルのギアが見えてきます 失敗を恐れずトライするには買い取りサービスは必須 安心の高額買い取りならココがイチオシです!






おしゃれキャンプギアの宝箱
アウトドアギアのセレクトショップ
A&Fでキャンプギア探し!

我が家ではネットショップも実店舗もお世話になっているA&F 大手キャンプ用品メーカーにはないおしゃれなキャンプギアの宝庫です みているだけでも楽しいんです!!