インスタで見かける超絶カッコいい吊り下げ型のおしゃれLEDランタン ビーコンライトをゲット

スポンサーリンク

LEDランタンはいくつか持っているのですが、真下を照らせる吊り下げ式のランタンが必要になったので探してみました(理由は後ほど)

良さそうなものはたくさんあるけど、見た瞬間『これだっ」と思ったのがベアボーンズリビング(Barebones Living)ビーコンライトLED

Gr092 04

photo by ベアボーンズリビング

最近、雑誌のキャンプスタイル特集やおしゃれキャンパーさんたちのインスタでも見かけるので、気に入っている人は多いようです

今回、実際に購入して使ってみたのでレビューします

ちょっと気になるところもありますが、吊り下げ式のLEDランタンとしてはぜひオススメしたいレベルです

スポンサーリンク

なぜ吊り下げ式?

暗くなってから調理や食事をしているときにもう少し明かりが欲しいと言うシーンがあります

食事が終わってくつろいでいる時は少し明かりを落としていますが、調理中や食事中にちょっと暗くてみえない、何か照らすものないかな、なんてシチュエーションがときどきあるんです

例えばマグカップの中に虫がいたけど暗くて見えなかったとか(去年、アブを食べちゃいました)、深い鍋で料理をしているときに中が見えなくて闇鍋になっているとか

そんなときいちいちランタンを持ってくるのは面倒だし、ヘッドライト点けながら調理や食事をするのもセンスないし、といったシチュエーションです

ということで、メインテーブルやキッチン回りを照らす吊り下げ式のLEDランタンを導入することにしました

平置きのランタンだと真下に死角ができてしまうので吊り下げ式じゃないとダメ

吊り下げ式はテントの中で使っているジェントスがあるのですが、キッチンやダイニングで使うならもっと見た目にこだわりたい

スノーピークほおずきシリーズも良いけどなんとなくメジャーすぎる・・・

Gr092 05

photo by snow peak

そんな中、探し当てたのがつけたのがベアボーンズリビングのビーコンライトLED

機能と見た目のバランスがとても良くてすぐに気に入りました

スポンサーリンク

見た目が気に入って早速購入

ベアボーンズのビーコンライトLEDを一言で表現すると、レトロな雰囲気もありつつ機能は新しいおしゃれなLEDランタンです

今回購入したのはレッドですが、他にもアンティークブロンズカッパーのカラーラインアップがあります

Gr092 01

photo by ベアボーンズリビング

ということで早速購入

IMG 5709

ちなみに今回は吊り下げ式を探していましたが、同じプロダクトラインで、平置き式のフォレストランタンLEDもあります

同じようなタイプのGENTOSを持ってはいますが、やっぱり近いうちにフォレストランタンに切り替えようかなと思ってます

Gr092 03

photo by ベアボーンズリビング

スポンサーリンク

操作方法もシンプル

操作はシンプルそのものです

開封して特に何も設定せず、スイッチになっているカラビナを回すだけですぐに点灯します

光量はカラビナ部分を回す量でコントロールします

IMG 5714

構造もシンプルです

充電式なので電池交換は不要

普段操作するのは上記のスイッチだけです

また現在のバッテリー容量はこのインジケーターでわかるようになっています

IMG 5923

充電するとき

充電するときは、実はここにケーブルが隠されていて、これを引き出して充電します

IMG 5727

説明書によるとバッテリーの容量は2200mAh

例えばiPhoneのバッテリー容量が約2700mAhなので、モバイルバッテリーでスマホを充電するのと同じ感覚です

もしお手持ちのモバイルバッテリーの容量が少し不安という方はこちらの記事をご覧ください

キャンプに便利な防水モバイルバッテリー コスパで選ぶベスト5

2017.04.16

キャンプや災害で活躍!超絶オススメの信頼の超大容量モバイルバッテリーとプラス1

2017.04.10

なおバッテリー交換は、レンズを外し、バッテリーケースを外すして行います

IMG 5926 IMG 5927

「BAREBONES」と書かれた見慣れない大きさの充電池です

ネットを探してみたのですが、ベアボーンズ経由では交換バッテリーを販売してはいないようでした

ただし、よく見るとGOAL ZERO 18650と記載があります

GOAL ZEROはポータブルバッテリーやソーラーパネルなどで有名なアメリカのメーカー

GOAL ZEROのショップに取り扱いがありましたので、充電池が劣化したらここから入手すれば良いようです(スミマセン、実際に適合を確認したわけではありません)

GOAL ZERO  icon-external-link 

IMG 5931

スペックまとめ

ビーコンライトLEDのスペックをまとめておきます

明るさ

  • low :30ルーメン
  • high :220ルーメン

点灯時間

  • low :200時間以上
  • mid :5〜6時間
  • high :3時間

充電池

リチウムイオン、2200mAh、3.7 V 、8Wh

LED 光源

6個のLEDライト、色温度3000K

充電時間

4〜5時間

その他

USB 延長ケーブル付き





気になるところ

全面的に気に入ってしまったビーコンライトですが、いくつか気になるところもあるのでシェアしておきます

光の形がちょっと気になる?

この写真はビーコンライトで床を照らしたときの光の(影の)形

独特のパターンになっています

IMG 5928

これはレンズベースと呼ぶホヤというかLEDのカバーの部分に凹凸がついているためです

レンズベースを外すとこのようになっているので、光を広げるような役割をしている部分になります

IMG 5719

ちょっと形が独特なので気になる人は気になるかもしれません

点灯時間

我が家では暗くなっての調理や食事のときに使うのがメインなので、一日の点灯時間としてはそれで十分だと思っています

もちろん使い終わったら次の日に向けて充電することが前提

別の使い方として、テントやタープのどこかに吊り下げて雰囲気照明として使うパターンもあります

この場合だと、光量を落とせば、2〜3泊ぐらいのキャンプなら充電なしでも持ちそうです

平置きの安定性

実はカラビナをこのように倒すと平置きもできます

IMG 5934

でもイマイチ安定性に欠けます

やはりビーコンライトは吊り下げて使うべきですね

どうしても平置きが良い場合はフォレストランタンを買いましょう

明るさ比較(スペック、実際、色合いも)

我が家で持っている吊り下げ式ランタン(GENTOS SOL-036C)との比較をしてみました

GENTOSのSOL-036Cは平置きにもできる一方、ホヤを外せば吊り下げ式にもなる人気のLEDランタンです

以下スペック比較です

電池・充電池の違いも大きいですが、GENTOSの方が明るく、点灯時間も長いため機能としてはGENTOSの方が一枚上手です

ビーコンライトLED SOL-036C
明るさ low :30ルーメン、high :220ルーメン 380ルーメン
点灯時間 low :200時間以上、mid :5〜6時間、high :3時間 【白色】14時間(100%点灯)/ 110時間(10%点灯)、【昼白色】24時間(100%点灯)/ 140時間(10%点灯)、【暖色】28時間(100%点灯)/ 150時間(10%点灯)、90時間(キャンドルモード)
LED 光源 6個のLEDライト、色温度3000K チップタイプ白色LED×4個、チップタイプ暖色LED×4個
充電池・電池 リチウムイオン、2200mAh、3.7 V 、8Wh 単3形アルカリ電池×6本
充電時間 4〜5時間
付属品 USB 延長ケーブル付き

ですが、見た目はビーコンライトLEDの方が一枚上手

点灯時間は短いですが、充電式というのもエコ意識の高い方には魅力的だと思います(GENTOSもエネループは利用可能です)

実際に点灯させて比較したのがこの写真です

IMG 5915

写真だとわかりにくいのですが、確かにGENTOSの方が明るいです

ただしビーコンライトが暗いというわけではなく、キッチンやダイニングを照らすのに十分な明るさはあります





まとめ

ベアボーンズリビングのビーコンライトLEDを購入して試してみました

いまのところ、我が家で探した吊り下げ型LEDランタンの中ではビーコンライトLEDがベストです

明るさも点灯時間も、もちろん見た目も問題なし

これから大いに活躍してくれそうです

 

eye catch photo by ベアボーンズリビング

スポンサーリンク



めざせ!
おしゃれキャンプ
失敗したら
売れば良いんです

たくさんのキャンプギアを使ってこそ、自分スタイルのギアが見えてきます 失敗を恐れずトライするには買い取りサービスは必須 安心の高額買い取りならココがイチオシです!






おしゃれキャンプギアの宝箱
アウトドアギアのセレクトショップ
A&Fでキャンプギア探し!

我が家ではネットショップも実店舗もお世話になっているA&F 大手キャンプ用品メーカーにはないおしゃれなキャンプギアの宝庫です みているだけでも楽しいんです!!