キャンプのワークグローブにGrip Swanyを選びました 手厚いアフターサービスにビックリ

スポンサーリンク

キャンプで焚き火や炭火バーベキューをするときはグローブが必須ですが、耐熱性が要求されるので、こでまでずっとコールマンの耐熱グローブを使っていました

でもテントの設営・撤収や調理など、焚き火以外の作業でもちゃんとグローブをしておいた方が怪我もなく快適に作業できます

やはり耐熱グローブと別にメインのワークグローブは必要だなと思って探してみました

いろいろ調べてみたものの、やはりたどり着いたのが定番、Grip Swany

購入までの経緯や使ってみた感想などを紹介しますので、良かったら参考にして下さい

 

スポンサーリンク

グローブが必要なシチュエーションと使っていたグローブ

これまで炭火バーベキューや焚き火の時に使っていたのはコールマンのグローブ(ソリッドレザーグリルグローブⅡ)です

Gr087 06photo by Amazon

火のついた炭を直接持てるほど耐熱性は抜群、手首までの長いタイプなので、火の粉が飛び散る作業でも安心していられます

ただ、やはり皮が分厚い分、細かな作業には向かないのが欠点

例えばテントの設営・撤収、調理器具を扱うなど、耐熱グローブでできなくはないですが、細かい作業ではイライラしそう

かといってグローブをしないと、 ロープで擦り切ってしまったり、ハンマーでたたいてしまったり、思わぬ怪我もあり得ます

 

スポンサーリンク

検討候補とGrip Swany G1の決め手

耐熱グローブでないメインのワークグローブを探すに当たって重視したポイントは次の通りです

  • 丈夫で長持ち(愛着を持って長く使い続けたい)
  • カットレジスタント(しっかりと保護)
  • フィット感が良く細かい作業もできる(ちゃんと指が 曲げられる)
  • お手入れ簡単(使い続けるために必須)
  • 見た目が良い(一番重要)

そんなことを考えながらいろいろ探してみたところ候補が3つに絞られました

KINCO

https://www.kinco.com icon-external-link 

Gr087 03

photo by Rakuten

Wells Lamont

https://www.wellslamont.com icon-external-link 

Gr087 04

photo by Amazon

Grip Swany

http://www.grip-swany.co.jp icon-external-link 

Gr087 05

photo by Grip Swany

どれも見た目は似ていて黄色っぽいレザーのグローブです(KINCOはバックスキンが特徴)

でもなんとなく直感と口コミでGrip Swanyを選びました

ちなみにGrip Swanyが7,000円ぐらい、KINCOが2,000円、Wells Lamontが1,200円ぐらいです・・・

最初は「高いものなら失敗はないんじゃないのかな」という単純な発想でしたが、いろいろ調べていくうちに、Grip Swanyで良かったなと思えてきました

 

スポンサーリンク

Grip Swanyのグローブの特徴

これから使い続けていく上でやはりGrip Swanyについてちゃんと知っておこうと思い、いろいろ調査をしました

その中でも熟読したのは、 Grip Swanyの歴史とテクノロジーのページ icon-external-link 

読んでみると、へぇ〜と思ったことがいくつかあって新鮮でした

一つはグローブの色の理由

この黄色はスワニーイエローと呼ばれていて、明かりが乏しかった時代に、グローブを落としても黄色なら見つけやすいことからこの色になったそうです

そしてこのスワニーイエローは

ワークグローブの原型ともいえるGRIPSWANYイエローカラーのグローブは世界中で膨大なコピー商品を生み出しています。

引用:Grip Swany

とあるので、Grip Swanyが元祖ってことなんですね

また、もう一つビックリしたのは、縫い糸にKEVLARを使っていること

KEVLARというのは耐熱性&耐久性で有名なDupont社の高機能繊維なんですが、老舗のグローブブランドのイメージだったので、そんな高機能素材を使っているとは思いませんでした

しかもKEVLARがほつれてしまったら無償修理してくれるそうです

凄いぞ! Grip Swany

 

自分にぴったりなサイズの調べ方

購入すると決めたのはスタンダードなG1ですが、最初にサイズを調べました

調べ方はこの写真の通り

Gr087 01

自分の手を測ってみると、手長が約19cm、周囲が24cmちょっと

適合表と照らし合わせると、サイズはMが一番近い結果でした

少し大きめの方が失敗しないかなと思いつつも、ここはGrip Swanyを信じてMサイズで発注しました

 

使ってみた感想

まずは開封の儀

ネットで購入してお急ぎ便で到着

IMG 0163 IMG 0165

早速開封して つけてみると・・・

?? ちょっときついかも・・・

IMG 0169 IMG 0172
写真ではわかりにくいんですが、指を曲げるときと脱着するときにちょっとキツい感じがしています

やはりワンサイズ大きくすれば良かったか?

と不安になり、いそいでネット検索

すると、最初はきついけど手になじんでくると感じなくなるとの口コミが多数

もう開封してしまったし、ここはそれを信じて使ってみることにしました

 

使うとなじんできます

購入した後、まだキャンプでは使っていませんが、ガーデンバーベキューやらDIYなどに数週間使っています

使ってみると、やはり徐々になじんできました

最初のキツさがなんとなく薄れてきた気がしてきて一安心

高いと言ってもそれを気にして十分に使えないようではもったいないので、使うときは大胆に、なにも気にせずガンガン使っています

早速良い感じに汚れてきましたが、お手入れもしっかりやって長く使っていきたいと思います

Grip Swanyのページにはミンクオイルを塗り込むだけでお手入れOKと書いてありました

まとめ

キャンプのメイングローブとしてGrip SwanyのG1を購入して使い始めました

他にも似たようなレザーグローブはありましたが、長く使い続けるとの決意とともにGrip Swanyを選択

最初はちょっとキツく感じて不安でしたが、使っているうちになんとなくなじんで来たような気がします

使い込んでいけば良い感じの経年変化が楽しめそうなので、しっかりお手入れしつつ、大切にしたいと 思います

スポンサーリンク



めざせ!
おしゃれキャンプ
失敗したら
売れば良いんです

たくさんのキャンプギアを使ってこそ、自分スタイルのギアが見えてきます 失敗を恐れずトライするには買い取りサービスは必須 安心の高額買い取りならココがイチオシです!






おしゃれキャンプギアの宝箱
アウトドアギアのセレクトショップ
A&Fでキャンプギア探し!

我が家ではネットショップも実店舗もお世話になっているA&F 大手キャンプ用品メーカーにはないおしゃれなキャンプギアの宝庫です みているだけでも楽しいんです!!