スノーピーク2018新製品 ウィングポールにブラック追加で最強の布陣が完成!

スポンサーリンク




今回はスノーピークのタープとポールの色の話です

2018年の新作でウィングポールのブラックがラインアップに加わりました

このブラックが追加されたことで、「ようやくPro. lineのタープにはウィングポールのレッド、Standard lineやEntry lineにはウィングポールのブラック、という最強の布陣が完成したでしょ」というのが今回のメッセージ

スノーピークを知らない人は何のこっちゃかもしれませんが、ディープなスノピファンのキャンパーさんなら共感して貰えると思います

きっと・・・

 

スノーピークのカラーリング

数あるアウトドアギアブランドの中でもスノーピークのファンは多いと思います

実は我が家も大ファン

新潟県三条市のヘッドクォーターズキャンプフィールドには毎年必ず行ってます

スノーピークファンである理由は人それぞれ様々だと思いますが、我が家で気に入ってるのはPro. lineの渋い濃いめのブラウンの幕体です

例えばテントで言うとドックドーム、シェルターで言うとトルテュプロ、タープならHDタープ シールド ヘキサエヴォ Pro.になります

Gr079 04

ドックドーム photo by snowpeak

Gr079 06

トルテュ Pro photo by snowpeak

Gr079 07

HDタープ-シールド-ヘキサエヴォ Pro photo by snowpeak

そんな渋い幕体で作られたテントやタープには赤いポールがよく似合います

つまりテントならドックドームのレッドフレームは最強の組み合わせ

Pro. lineのタープを買ったら絶対ポールはレッドにするべきです!

実は、そんなPro. lineとレッドポール・フレームの魅力に取り付かれているキャンパーさんは世の中にはたくさんいるんです

少なくともヘッドクォーターズキャンプフィールドにはウジャウジャいます(笑)

一方、Standard lineやEntry lineになると、ブラウンの色合いが徐々に明るくなり、ベージュもしくはカーキと呼んだ方が良い色になってきます

もちろんそれらに赤もマッチすると思います、

コールマンのタフワイドドームと並んで不動の人気を誇るドームテントの定番アメニティードームは、ご覧の通り、Entry lineの明るいベージュと赤の組み合わせです

Gr079 08

アメニティードームL photo by snowpeak

でも正直、Entry lineの色合いにはレッドよりブラックの方が合っていると思います(個人的な意見ですが)

同じブラウン系の色でも、暗いブラウンだとブラックと近すぎてしまう一方、明るいベージュやカーキなら黒が目立って映えるのがその理由です

 

2018年の新作 ウィングポール ブラック

これまでスノーピークのポールはシルバーとレッドのラインアップしかなかったのですが、2018年の新製品として、ウィングポールにブラックが加わりました

Gr079 01

photo by snowpeak

ポールの素材は従来のウイングポールと同じ
色だけが違うラインアップです

ウィングポール ブラック諸元
材質:アルミニウム合金(アルマイト加工)
サイズφ30mmパイプ(4本継)、280cm/240cm
重量:1.2kg/1.1kg

Standard lineやEntry lineの少し明るめのブラウンにはこの黒いポールが絶対マッチします

根拠はこの写真

この写真のタープはフラットな張り方もカッコいいのですが、ブラウンのタープにブラックポールがよく似合ってます

Gr079 09

photo by scontent.cdninstagram.com

このタープとポールを最初に見たときは、あまりのかっこよさに感動

そしてこれ以降、ブラウンタープ+ブラックポールも良いなと思い始め、ちょっと気になってきました

 

スノーピークのタープのおさらい

ここで、改めてスノーピークのPro. lineとStandard lineのタープをおさらいしてみます

HPやカタログの写真で見ると色の違いが小さいのですが、実際に見ると、Pro. lineとStanndard line、Entry lineの幕は色も手触り・質感も全然違います

Entry lineはポールセットなので載せていません

Standard line
・HDタープ ヘキサ(L) [6人用] (¥33,800)
・HDタープ ヘキサ(M) [4人用] (¥29,800)
・HDタープ レクタ(L) [8人用](¥38,800)
・HDタープ レクタ(M) [6人用](¥31,800)
・ランドステーションL [6-8人用](¥85,500)

Pro. line
・HDタープ シールド ヘキサエヴォ Pro. (¥39,800)
・HDタープ ヘキサエヴォ Pro. [4-6人用] (¥39,800)
・HDタープ スクエアエヴォ Pro. [4-6人用](¥48,800)
・ランドステーション Pro.M [4-6人用](¥112,000)

折角なので価格も併記してみましたが、やっぱりどれも少しお高いですね・・・

 

それでも我が家はプロラインとレッドポール

今回は2018年から新しく加わったウィングポールのブラックを取り上げていますが、正直、我が家の好みはブラックではなく、Pro. lineとレッドポールの組み合わせです

そこは譲れない感じ

一般的に、赤と茶色の組み合わせは温かみを感じることから、特に寒い時期に人気のコーディネートです

赤と茶の組み合わせは、落ち着いたゴージャスな印象を与えます。
冬によく見られる配色です。
【炎、温かい、生命、燃える、安定、ぬくもり、堅実、重厚、温和】

引用:NAVERまとめ

焚き火の炎や落ち葉の色合いに溶け込むので、秋から冬にかけてのキャンプにはベストマッチな色合いと言えますね

でも、かと言って春や夏にはマッチしないかと言うとそうじゃないところが赤&茶色の良いところ

色彩理論で言うところの補完関係にあるので、赤と茶色は緑とのマッチングがとても良いんです

色彩理論の基礎に学ぶ、相性抜群な「色の組み合わせ」 icon-external-link 

つまり一年中、日本の四季のそれぞれの色合いにマッチするベストなカラーリングだと言えます

まとめ

スノーピークのタープとポールの色の組み合わせについて語ってみました

ブラックポールの登場で、Pro. lineにはレッド、Standard/Entry lineにはブラックの最強の布陣が完成したと思います

つまりこれは、Standard/Entry lineにもカラーマッチングのとれたおしゃれ路線の可能性が出てきたということです

しかも、価格の高いスノーピークでもStandard/Entry lineなら比較的リーズナブルなお値段で入手可能です

スノピは良いけどちょっとは高いよなぁと尻込みしているあなたも、ブラックポールとの組合せでサイトのカラーリングをまとめてみれば、おしゃれスノピキャンパーの仲間入りができるかもしれません

 

 

eyecatch photo by scontent.cdninstagram.com

スポンサーリンク





めざせ!

おしゃれキャンプ

失敗したら

売れば良いんです

たくさんのキャンプギアを使ってこそ、自分スタイルのギアが見えてきます 失敗を恐れずトライするには買い取りサービスは必須 安心の高額買い取りならココがイチオシです!





年会費無料!

キャンプギアの購入なら

楽天カードが便利!